スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

暗根の日記 000

オタクの小説1995

新作の準備などの間に、番外編として恥さらし。
11年前に書いたオタク小説「暗根の日記-完全版-」を公開してしまいます。
「」内の文句は、確か当時公開していたアニメ映画「アンネの日記」の宣伝文だったと思います。

嗚呼。
[番外編]--暗根 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

暗根の日記 001

 私は、これまで誰にも打ちあけられなかったことを、全部あなた(日記帳)に打ちあけられることを祈ります。
 そしてあなたが私にとって、大きな心のささえとなり、なぐさめになってくれることを祈ります。

1995年ミジンコ02日、空曜日  腐乱苦 暗根
[番外編]--暗根 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

暗根の日記 002

1995年ミジンコ14日、地曜日

 ミジンコ12日、私は6時に目が覚めました。それもそのはず、私の誕生日ですもの。
 さっそく食堂へ行くと、ケンシン(猫の名)が私を迎えてくれたの。それから贈り物をもらいました。

 1番素敵なのはあ・な・た(日記帳よ)。
 他にも、新柄トーン、冬に手に入らなかった○○屋の新刊、新しいスケブ、それにお金も少し。これで夏コミもO・Kでーす。すてき!
 では今日はこのへんで。
 あなたとは大の仲良しになりましょうね。
[番外編]--暗根 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

暗根の日記 003

1995年ミジンコ20日、地曜日

 私には、仲間はいますが、友達はいません。(この友達とは心の中から語り合える、しかもパンピーの人を指します)これが、私が日記を書き始めた理由よ。
 13才の小娘が、この世で孤独を感じてるなんてこと、信じる人なんていないでしょう。
 But!
 私の心は果てのない闇に包まれているようだわ。
 いくら仲間がいて、ふざけあったり、おしゃべりしても、“オタク”というものからは逃れられない。
 だからこの日記帳を理想の友達、心の友としてキティと呼ぶわ。ではまず、キティとお友達になるために、私とその周辺について書いときましょう。

 私のお父さんとお母さんは、コミケで知り合ったそうです。それ以上のことは聞きたくないので聞いてません。
 お父さんは、モデルガンパーツなどを輸入している会社に勤めてるミリタリーマニア。とってもやさしいお父さんよ。
 お母さんは、あのピンクハウスがとっても好きな42歳。(ああ地獄絵図……)
 そして、自称『言葉の旅人』姉さんの魔瑠子。詩や小説を書いてるけど、遠い目をして自分の殻に閉じ篭もってるわ。

 最後にこの私、腐乱苦暗根の紹介よ。
 まず趣味といえば漫画を描くこと。今は、連載は終わっちゃったけど、スラムダンクにゾッコン!特に、流川くんよねぇ。
 ちょっと前までは、るろうにだったけど、魅衣子にビデオ借りたら、とたんにSD(スラムダンクの略)にころんじゃった。あぁ流川くーん、好き好きハート
 今はSDのやおいサークル2つに入ってるの(るはな中心)。

 こんな生粋のオタク一家なもんで、最近のオタク嫌いの風潮のせいで風当たりが強くって……。
 それでも私たちはめげずに、元気に暮らしてまーす。これでキティとお友達になる下地ができたわね。

 今日は眠いのでまた明日。
[番外編]--暗根 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

暗根の日記 004

親愛なるキティへ
1995年ミジンコ21日、空曜日

 そうそう、昨日はオタクについてあんまり話してなかったわね。今日はキティにそのことを話すわ。
 90年代に入って、日本はオタク文化まっさかり。
 マスコミもおおいにあおり、数々の規制やPTAなんかも沈黙を保ったままで、このまま大衆に受け入れられるような、すばらしい時代に・・・と思っていられたのも去年まで。
 突然、PTAや教育委員会、婦人会が、“子供の教育に悪い”だなんて太古の昔に言われてたような文句を掲げて、オタクへの攻撃が始まったの。
 まぁ、オタクに対してって言っても、アニメ、漫画、同人誌、フィギア、モデルガン等の規制だけど。
 それにしても、親から吹き込まれたのか、パンピーの子は近付いて来なくなったし、アニメや漫画は減るし、イジメは増えるし、同人誌の規制はきつくなったし(冬コミのときの新刊なんて発停になったのよ)、もう最低。

 けど、こんなことに屈するようじゃオタクは名乗れないわ。
 がんばらなくっちゃ!

P.S. ずいぶん原稿書いたんで、“るラブはな”か“る×はな”の個人誌出しちゃうかも! 期待しててね。暗根より
[番外編]--暗根 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

暗根の日記 005

愛しのキティへ
1995年トビウオ3日、銀曜日

 ウフフフフ、ちょっとキティ聞いてよ。もううれしくってうれしくって! 一体なんだと思う? うーんとねぇ、やっぱり教えなーい。なーんてうそうそ、あーもう最高!
 有明来てから初めてよ、壁サークルになったの。
 原稿描いてて、もう5日も寝てないし(ギネスにあと2日)のーみそトロトロでしゅ。
 やっぱりぃ、個人誌はきついわ。
 けど、愛しの流川君のため。私って、不毛の恋に生きるけなげな乙女。流川くぅ〜ん、LoveLoveハート

暗根より
[番外編]--暗根 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

暗根の日記 006

キティって名前は“子猫ちゃん”って意味なのよ
1995年トビウオ22日、油曜日

 幻覚にも負けず、修羅場をくぐり抜け、やっとのことで終わったぁー、マンモスヤッピー! もう締め切りぎりぎりで、○△印刷所さん、アリが10匹。やっっと寝れる。
 私以外の家族は、コピー本とかでまだ余裕みたいだけど。
 期末試験とかあったけど、カンケーないもん。
 私の夢は、てきとーにOLやってぇ、バリバリ同人やってぇ、理解のある超かっこEーパンピーの彼をみつけることだしぃ(男のオタクは気持ち悪くって最低)。
 だけど今は、る・か・わくんハート
 今日までカタログ見れなかったから、さっそくチェッーク!

あなたの暗根より
[番外編]--暗根 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

暗根の日記 007

私だけのキティへ
1995年ハコフグ8日、地曜日

 一昨日から今日まで、まるで何日も過ぎたようよ。世界中がひっくり返ったようにいろんなことが起こったの。まずは、一昨日に起こったことから話しましょう。
 午後3時、夏休みで家にいたお父さんが、部屋から飛び出して叫んだの。

「今パソ通で、都がコミケ中止命令を出したという情報が流れてるぞ!」

 とたんに電話の奪い合いが始まり、各方面に問い合わせました。
 情報は本当のようで、すでに都庁のまわりには大勢のオタクが集まって来てた様子。
 お父さんは、もしものためにと、改造モデルガンを隠し持って、会社の同僚の半田さんと都庁へと出かけていきました。
 6時のニュースでも中継され、私たちは家で見守ってたわ。都庁付近の道という道はアレなオタクで埋め尽くされて・・・マツモトローから見下し・・・じゃなくても見下ろしてたみたい。そのまわりを警官隊・機動隊が取り囲んでたわ。
 しばらくにらみ合いが続いたんだけど、突然、爆音とともにあちこちで煙が上がり、機動隊なんかも動き出したんだけど、あまりの多人数、広範囲なんでほとんどが逃げたみたい。

 午後0時にお父さんが浮き足立って帰って来て、「30年前の全共闘を思い出すなぁ」なんて言ってたけど、うかうかしてらんないんじゃないかしら。
 お父さんはテレビに映ってたし、緊急国会だかなんだかも開かれるみたいだし・・・と思ってたら、お父さんは余裕の表情で言ったの。

「こんな時のために、半田君と事務所に隠れ家を作っておいたのだぁ、ワーハハハハハ、ヒューホホホ、クッククク(以下15行省略)」

 とりあえず私たちは、その隠れ家とやらに行くことにし、荷物をまとめだしたの。
 私が最初に入れたのは、この日記帳、それから漫画の道具、スケブ、夏コミ用に作っておいたコスチューム等々。千冊を超える同人誌はさすがに持っていけないから、腸をぶったぎるような思いで200冊ぐらいに絞ったの。悲しすぎるわキティ。

 午前0時に用意が終り、みつからないよーに、そぉっと、その隠れ家へと歩き出しました……。

 では、悲しみの暗根より
[番外編]--暗根 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

暗根の日記 008

心の友、キティへ。
1995年ハコフグ9日、空曜日

 昨日の続きよ。
 6日の真夜中、こうした私たち4人は、めいいっぱいの荷物を持ち、お父さんの勤める事務所まで来たの。
 こんな小さな事務所に隠れるところがあるのかしら、と心配だったけど、事務所の本棚を動かすと、なんと、壁なはずのところが、穴が開いてて部屋があったの!
 父さんに聞いたけど、位相幾何学だの異空間だのと良く分かんなかったわ。慣れないことでドキドキだったけど、とりあえずは大丈夫みたいなんで、やっと落ち着けたわ。

 備え付けのテレビでは、5日の暴動事件(それだけの言葉じゃすまない気が……)のおかげで、『オタクは危険分子』という意見が固定しちゃって、今日から、オタク排斥法が施行されるって言ってたわ。
 難しい言葉ばっかり使うから、良く分かんなかったけど、オタク狩りなんてものが行われ、酷い扱いを受けることは確かね。
 変なとこだけど、この隠れ家に来れて本当によかった。

 明日、半田さん一家が来るそうよ。男の子が1人いるって言ってたけど、どんな人かしら。
そういえば、印刷所に渡した原稿は……戻ってこないわね。せっかく初めての個人誌だったのになぁ……。

 じゃぁまた、暗根より
[番外編]--暗根 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

暗根の日記 009

Dearキティ
1995年ハコフグ02日、油曜日

 半田さん一家は一昨日やってきましたが、なんとも困った人達で……。
 半田さんちは、おじさん、おばさん、それに18歳の息子、平太さんの3人。
 おじさんは前にも話したけど、お父さんの同僚でやっぱりミリタリーマニア。ついでにこの隠れ家を設計した人よ。
 おばさんはパンピーなんだけど、夫と息子がオタクなせいで、しかたないからくっついて来てるみたい。1日中「なんで私がこんなとこに」「もうだめ」なんて言う独り言をつぶやいて、うろうろしてるわ。それに近づくと唸るし、ヒステリー起こすのよ。
 最後に平太さん。さん付けするのも、いやんなるぐらいアレな人。アニメ・18禁同人・フィギアetcをこなすようだけど、なんかもう、うじうじしてて、暗くって、私を見る目がいやらしいし……男のオタクって最低。
 こんな人達と暮らしていくなんて、耐えられないわ!

 けど、そうも言ってらんないみたい。テレビでは連日、オタク弾圧の様子が流れてるわ。
 SS隊(趣味査定隊)って呼ばれる特別部隊が、オタクリストを手に家宅捜索を……なんて恐ろしいの!
 連行された人たちは、施設に入れられてパンピーになるように洗脳(社会復帰か?)されちゃうんだって。サークルのみんなは大丈夫かしら。

 おやすみなさい、暗根より
[番外編]--暗根 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>