スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

アイチのできるまで 4回

えー、ここはガンダムサイトです。

こだわりが、ニュータイプへの目覚めを邪魔している。
セイラは兄への、シャアは復讐と理想、そしてララァはシャアへの愛情。
これらがこだわりとなって心を開放できなくする。
ララァの指摘のように、アムロには家族も故郷もなくなり、そして恋人がいるわけでもない。
護るものが無い
それなのに戦うのは不自然であると。
通常の物語ではララァの主張が当たり前のように行われる。
「○○を護るために」戦う。

しかし、ニュータイプになるためにはそれを否定しなくてはならない。
「護る」という行為は「敵」がいることが前提で、それは心を閉ざすことになる。

アイチへのガンダムからの内容的影響は以上。
<< 高村アイチ12 | main | 高村アイチ13 >>
[番外編]春日SIDE | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

深かったです。
春日さんも常に仮想敵と戦いながらレベルアップしてゆくのでしょうか。
アヴダビ | 2005/11/05 11:11 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aichi.jugem.jp/trackback/110
この記事に対するトラックバック

カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>