スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

「アルChu〜! お酒は二十歳を過ぎてから」 02



 お正月って何だか変な気分です。
 車もあまり走っていなくて、お店も閉まってて、とっても静か。すれ違う人もいつもと違う服装で、優雅に歩いています。どこか知らない街にいるようです。
 天気もいいし、私も少し浮き浮きして滝沢さんと歩いていました。
「さっきのはまぁ、気にすんな。な」
「えっ?」
 嬉しいだけで、気にすることは何もありません。
「あり? 落ち込んでんじゃねえんかよ。ちっとは表情出せよな」
「す、すみません」
 また、勘違いされてしまったみたいです。
 私はとても上がり症で、なかなか思ったことを口にできません。それに、表情がわかりにくいみたいです。今も、とても楽しく歩いていただけなのですが……。

「あやまんなって。まーアレだな、言わなきゃわかんねーこと、あるからよ」
 滝沢さんはジャンバーのポケットに両手を入れながら足早に歩いていきます。私は雪駄で追いかけていました。慣れないせいか、裾がからんでスムーズに歩けません。
「あの、それでは、すみませんが歩くのを少し……」
「お、おう。そっか、着物だもんな。それ、羽衣にしちゃ派手だけど、買ってもらったん?」
 滝沢さんは急に立ち止まると、私の格好を上から下まで眺めました。改めて見られると、なんだかこそばゆい気持ちがしてしまいます。
「やっぱり、派手ですか?」
「派手だけどイイね。これくらい明るい色が似合うのになぁ羽衣は」
「あ、ありがとうございます。お母さんの着物が虫食っていたので、いただいて直してみたのですが」
 一生懸命縫ったかいがありました。褒めていただけるのは、本当に嬉しいです。

「器用やなぁ。むっふっふ、かわいいよ、羽・衣・ちゃん」
 耳元でそうささやくと、滝沢さんは私のお尻をなで上げたのです。
「ひゃン」
 ううぅ。
「何か言うてみー」
 満面の笑顔でこちらの方を向いています。
「うぅ、やめてください」
「はい、よくできました」
 新年早々からかわれっぱなしです。ただでさえ、着物なので下着を履いていなくて恥ずかしいのに……。

 ここで一つ、思い出したことがありました。
 言ってしまって、また滝沢さんに怒られないかな。でも、言わないとまた怒られるかな。
 少し迷いましたが、言うことにしました。今年の目標は「少しだけ積極的になる」です。振り絞って声に出しました。
「えっと滝沢さん」
「だー、それだそれ」
 何でしょう。言う前に分かってしまったのでしょうか。もしかして、滝沢さんは超能力者で、私の心が読めてしまうのでしょうか。そうすると……。ぐるぐると頭の中で考えていると、突然目の前に滝沢さんの顔がありました。
「わひっ」
「前から言ってっけどよお、その『たきざわさん』ってのやめてくれって。カラダがかゆくなっちまうんだってば」
「でも、滝沢さんは、滝沢さんで、」
「下の名前もあるだろが。あ、真澄さん、ってのもナシな。ばーちゃんがそう呼ばれてっからさあ。ったく同じ名前付けんなよなあ」
「それではなんとお呼びすれば」
 私があだ名で呼ばれることはありましたが、呼んだことは今までありませんでした。
「あーみんなと同じでいいよ。ますみん、とかで。さっき命令を2つも聞いたから、今度はあたしの番だ」
 命令をした覚えはありませんでしたが、滝沢さんいわく「歩くの遅くした」「ケツ触るなって言われた」の2つだそうです。うぅ、ひどいです。
「た……ますみん、さん」
 まだ少し不満そうな顔をしていましたが、そのまま神社に向かって再び歩き出しました。

「で、何言おうとしてたん?」
 そうでした。なんだか顔がほてってしまい、言うことを忘れていました。
「えっと、ますみん、さん。お正月の挨拶ぐらい、しっかりした方がいいと思います」
「お、言うねえ。千鶴センセよりセンセーぽいじゃん」
 もぅ。
「あけおめ、とか、ことよろ、ではなくて、きちんと、あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします、と。一年の初めなんですし、そんな今時の省略言葉だと失礼に受け取る人もいると思いますよ」
 勢いでたくさん話してしまいました。なんだかのどが乾いてしまいます。
 すると、ますみんさんではない人の声がしたのです。
「んーちょっと違うかな。それ」
<< 「アルChu〜! お酒は二十歳を過ぎてから」 01 | main | アルファ・ロメオ 8Cコンペティツィオーネ >>
[小説(連載)]--本編1章 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする










カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>